東大阪市産土神社 東楠風荘地車

イメージ 1

※この記事はYahoo!ブログからの移行記事のため、画像サイズが小さくなっております。あらかじめご了承願います。

東大阪市産土神社 東楠風荘地車

◆地域詳細
宮入:産土神社

◆地車詳細
形式:板勾欄出人形堺型
製造年:江戸末期~明治13年以前
大工:堺の大工
彫刻:彫又一門
歴史:堺市美原区黒山→堺市中区上之→河内長野市市町西→東大阪市東楠風荘

◆地車修理
・明治13年9月と明治30~31年の2回、住吉大佐にて修理。前者の費用は335円。
・昭和56年に太鼓正にて修理。目玉等交換、費用は1400万円。
・平成12年に池内工務店にて解体修理。洗いがけ、担い棒を交換、後輪ブレーキを廃止する。

姿見

イメージ 2

市町西時代、曳行中の様子です。

ぶんまわしのために担い棒は長いものが使われていますが、東楠風荘に嫁ぐにあたり通常の長さにカットされました。

破風

イメージ 3

高低差が控えめで、頂部の平坦部の幅が広いのが特徴。
破風は交換されていますが、葺地はオリジナルのようです。

鬼板・懸魚

イメージ 11

大屋根前方
鬼板:『青龍』
懸魚:『鷲』

イメージ 14

大屋根後方鬼板:『虎』
小屋根鬼板:『獅子噛』

東楠風荘に嫁ぐ際、獅子噛が大屋根前方へ移動しました。

イメージ 15

小屋根懸魚:『雲海』

シンプルに雲海のみですが、味のある作品です。

柱巻き・板勾欄

イメージ 16

柱巻き:『降龍・昇龍』
板勾欄:『敦盛呼び戻す熊谷次郎直実』

板勾欄型の一番の見せ所です。
熊谷次郎直実は扇ではなく、刀を持っています。

イメージ 17

出人形:『源義経』

昭和56年の修理で新たに追加された出人形ですが、東楠風荘へ嫁ぐ際に取り外されました。
過去の写真で確か高石市の綾井先代に同じものが取り付けられているのを見た気がします。何らかの経緯でこの地車に取り付けられたか?

イメージ 18
イメージ 19

柱巻き:『昇龍・降龍』

平側板勾欄

イメージ 20

右面:『一の谷の戦い』

イメージ 4

左面:『一の谷の戦い』

三枚板

イメージ 7

正面:『大巳貴命鷲退治』

三枚板はいずれも日本の題材で退治モノ。

鷲の羽根が角障子からはみ出る位大きなことに驚きます。
大迫力の作品です。

イメージ 5

右面:『雄略天皇猪退治』

イメージ 6

左面:『鬼若丸鯉退治』

土呂幕

イメージ 9

後方:『武者』

イメージ 8

右面小屋根側:『武者』

イメージ 10

左面大屋根側:『武者』

イメージ 12

左面小屋根側:『武者』

恐らく源平合戦系ではなかろうかと思われます。

旗台

イメージ 13

旗台:『力神』

板勾欄型では定番の題材です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。