柏原市黒田神社 大正西地車

皆さんこんにちは。

今回ご紹介しますのは大正西地車です。 平成24年に修理入魂式を行ったので、その際に見物に行かれた方が多いのでは無いでしょうか?
記事にする際に調べてみたのですが、柏原市は意外と板勾欄型の所有率が高く、市内約15中5台(3分の1)が板勾欄型です。
割合だけで言えば、河内長野市…約24台中9台に匹敵するレベルの所有率ですね。

大正西の祭礼形態は羽曳野市の雰囲気に近いようで、お囃子は天神囃子の道中・しゃんぎりの使い分け。
しかし、見せ場ではぶんまわしやしゃくりは行わず、屋根の上で独特の舞いをしながら前進後退をするようです。

写真は全て2014年に撮影したものです。 それではご覧ください。

柏原市黒田神社 大正西地車

◆地域詳細
宮入:黒田神社
小屋:大正東と共有
歴史:旧柏原村(本郷・大正・今町・古町)にあたり、旧奈良街道(国道25号)沿いに栄えた地域。

◆地車詳細
形式:板勾欄出人形住吉型
製造年:江戸末期~明治初期
購入年:平成21年
改修年:平成24年
大工:住吉方面の大工?
彫刻:【彫又】
改修大工:大下工務店
改修彫刻:辰美工芸
歴史:柏原市大県→大正西

◆歴代大正西地車
・先代(初代?):町内地車。
・現地車(2代目?):平成21年に柏原市大県より購入。
住吉大佐『地車請取帳』50ページ表面に「中河内 かた下郡 大懸 支部長様 七月三十日 まつり 太鼓臺 是非買かヘル」の記載がある。

◆地車修理/詳細
・平成24年 大下工務店:洗い掛け。欠損していた枡組・一部彫刻を修復する。


参考) 先代地車について
山車・だんじり悉皆調査 http://www5a.biglobe.ne.jp/~iwanee

姿見

左が前方、右が後方。

板勾欄型の中では中くらいのサイズ感です。
角型の肩背棒と台木が珍しいですね。

側面より。

斜め前より。

飾り付けは破風に提灯がつき、古市方面とよく似ています。

破風

板勾欄型では一般的な中央で二分された勾配の緩やかな形状。
オリジナルです。

鬼板

上から
大屋根前方:『獅子噛』
大屋根後方:『獅子噛』
小屋根:『獅子噛』

彫又の彫刻。
類似する表情を持つ地車が他にないですが、小顔で、弥三郎さん作の印象?

懸魚

上が大屋根前方、下が小屋根。
懸魚:『鳳凰』

改修前は飛龍の顔になっていましたが、鳳凰に戻されました。
前後で阿吽にはなっていないようです。

車板・枡合・虹梁

上から
大屋根前方
車板:『雲海』
枡合:『飛龍』
虹梁:『牡丹に唐獅子』

小屋根
車板:『雲海』
枡合:『唐獅子』

車板に神額等はありませんでした。

枡合・虹梁

右面です。

上から
大屋根
枡合:『飛龍』
虹梁:『松に鷹』

小屋根
枡合:『唐獅子』


左面です。

上から
大屋根
枡合:『飛龍』
虹梁:『松に鷹』

小屋根
枡合:『唐獅子』

虹梁・枡合の彫刻ですが、この地車の彫刻にはガラス目が使われていません。

この地車は大県時代に枡組・枡合を撤去して背丈を低くする改造が行われていましたが、平成24年の改修で復元され、彫刻は辰美工芸の作品が取り付けられました。

木鼻

上が右面、下が左面。
木鼻:『阿吽の唐獅子』

全部で8体あります。
綺麗に阿吽並びとなっており、丁寧につくられています。

柱巻き・板勾欄全景

板勾欄型の顔となる部分をご紹介。
以下、詳しく見ていきます。

柱巻き

柱巻き:『龍・虎』

人物はなく、左右で龍虎となっています。

板勾欄

前方です。
板勾欄:『武者』

両端は板勾欄自体に人物が彫刻され、その合間に人形が差し込まれています。
人形同士が上手く組み合っていないのを見る限り、元の配置とは異なるようです。

右面です。

板勾欄:『武者』

木の色が新しく、この部分も作り変えられたようです。

左面です。

板勾欄:『武者』

間仕切り

間仕切り:『唐獅子』

1匹の獅子が大きく彫刻されています。
改修前は左右の柱に沿ってもう少し縦長に伸びていましたが、途中でカットされています。

脇障子人形

左が右面、右が左面
脇障子人形:『猩々・?』

片方は猩々のようですが、もう片方は?
このパーツがつくということは、やはり住吉方面出身か?

脇障子

左が右面、右が左面
脇障子:『武者』

改修前は板に模様がくり抜かれたものでしたが、平成24年の改修で彫刻が取り付けられました。

三枚板

正面:『漢の高祖龍退治』

板勾欄型では定番の題材です。
元は左の龍が欠損していたそうですが、平成24年の改修で復元されました。

右面:『金如吻』

朝鮮軍の大男です。史実同様大きく彫刻されています

左面:『ハンカイの門破り』

彫刻の状態が良く、良い表情をしています。
良い作品ですね。

角障子

左が左面、右が右面。
角障子:『武者』

他に書くスペースが無いのでここで記載しますが、この地車は摺出鼻・旗台がつきません。
元はあったはずですが、何時かの時点で取り外されてしまったのでしょう。

持送り

左が左面、右が右面。
持送り:『牡丹』

山水草木や動物ではなく牡丹、珍しいですね。

土呂幕

上から
前方土呂幕:『波濤』
後方土呂幕:『武者』

前方は扉式になっておらず、どこか他の部材であったものを利用しているように感じます。後方妻台でしょうか?
後方土呂幕には下勾欄が取り付けられており、他では無い仕様です。

右面です。
上から大屋根側、小屋根側。
土呂幕:『武者』

左面です。
上から大屋根側、小屋根側。
土呂幕:『武者』

下勾欄・台木

右面です。
下勾欄:『波濤に兎』

左面です。
下勾欄:『波濤に兎』

台木に彫刻はありません。

要所

①大屋根枡組:出三斗になっています。
②小屋根枡組:桁と肘木がかなり短い長さで垂木に達しています。
③鳴物:鉦・小太鼓・大太鼓で構成されています。大太鼓は縦積みです。
④貫腕:渦の末端が下を向いており、住吉大佐製の可能性が高いです。
⑤引綱環:中央に1つついています。
⑥芯金:猫木の中心を貫く、昔ながらのスタイルです。

金具

①屋根中央:『唐草模様』
②垂木先:『右三つ巴紋』
③台輪先:『唐草模様』
④柱:『唐草模様』
⑤前方縁葛:『唐草模様』
⑥後方縁葛:前方と後方ではついている金具が異なります。こちらは古そうです。
⑦肩背棒先:白ベースに金メッキで『西』の文字。
⑧台木先:白ベースに金メッキで『大正西』の文字。

如何でしたでしょうか?

大正西の祭礼は夏・秋の両方行われますが、やはり夏の柏原駅前でのパレードが紙吹雪が綺麗で見ごたえがあります。
数少ない板勾欄型ですが、比較的気軽に見に行ける地域で活躍していますので、まだ見たことがない方は是非。

当日お声掛け頂いた大正西の皆様、有難うございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。