東大阪市 長瀬南地区大蓮地車

皆さんこんにちは。

記事にできそうな地車が150台を超えているので、見物にも行きますが、書くことも少し頑張ってみようと考えている今日この頃です。
私にとっても記事にまとめておくことで、万が一ハードディスクが壊れてしまった際に、これまで撮影した画像を失わなくて済むメリットがあります(笑)

さて、今回ご紹介しますのは長瀬南地区大蓮地車。
以前から見物したいと思っていたのですが、神社の祭礼ではなく、いつどこを曳行しているのか全く情報が無いため、夏祭りでは毎年遭遇出来ずにいました…(出ているのは夜だけ?)
しかし、近年は長瀬地車パレードに参加しているため、見物の機会が増えたようです。

長瀬南地区大蓮…よく南大蓮と呼ばれているため、私は「小屋の場所が大蓮北にあたるのに南大蓮なのか…」と、以前から不思議に思っていました。
しかし、今回の見物で分かったのですが、どうやら「長瀬の南の大蓮地車」といった感じのようです。

まだまだ謎の多い地車ですが、今年の長瀬地車パレードの際に写真に収めて参りました。
それではどうぞ。

東大阪市 長瀬南地区大蓮地車

◆地域詳細
宮入:なし
小屋所在地:長瀬南小学校北西付近
神社の祭礼ではなく、有志による曳行を行っている。

◆地車詳細
形式:大阪型(元・板勾欄出人形住吉型)
製造年:江戸~明治時代
購入年:平成2年
大工:住吉方面の大工
彫刻:【彫又】
改修大工:河合工務店
改修彫刻:?
歴史:堺市片蔵→東大阪市長瀬南地区大蓮
姿見

左が前方、右が後方。

背が高く、角柱。
擬宝珠勾欄住吉型のようで、大屋根と小屋根の段差が少なく、旗設備と後梃子がつかない大阪型。
角の肩背棒と前後の懐が平野方面仕様です。

側面より。

三枚板や土呂幕に古い彫刻が残ります。
実は元・板勾欄型だったと推察出来る一台です。詳しくは後述します。

斜め前より。

高さ・長さのバランスが良く、綺麗な姿見をしています。
この付近は区画整理されているので、曳行に差し支える障害物がないことも影響しているのでしょう。

屋型

ある程度の勾配があり、中央部もやわらかく丸みを帯びています。

獅子噛

上から
大屋根前方:『獅子噛』
大屋根後方:『獅子噛』
小屋根:『獅子噛』

3つの渦、眉間、耳の形…
雰囲気は川原一門の獅子噛に見えなくもないですが、誰が彫ったのかはよく分かりません。

箱棟

箱棟:『雲海』

雲海の彫刻が施されています。

懸魚

大屋根前方
主懸魚:『鳳凰』
桁隠し:『龍』

毛並みが綺麗な鳳凰です。尾のうねり具合も良いですね。
懸魚に獣の題材があると擬宝珠勾欄住吉型とは少し異なった印象になりますね。

小屋根
主懸魚:『松に鶴』
桁隠し:『松に鷹』

前方と変わり、こちらは実在する生き物で構成。

枡合・虹梁・持送り

上から
大屋根前方
枡合:『龍』
虹梁:『雲海』
持送り:『鶴』

車内
枡合:『龍』

小屋根
枡合:『竹に虎』

取り付け方が太鼓台の狭間のような感じですが、枡組がついているので一応枡合として紹介します。

虹梁をかなりくり抜いているためか、持送りがつきます。
車内の龍はこの地車新調当時の作でしょう。

右面です。

上から
大屋根前方
枡合:『十二支(猿・酉)』
虹梁:『牡丹に唐獅子』
持送り:『鶴』

小屋根
枡合:『十二支(午・未)』


左面です。

上から
大屋根前方
枡合:『十二支(子・丑)』
虹梁:『牡丹に唐獅子』
持送り:『鶴』

小屋根
枡合:『十二支(寅・辰)』

十二支ですが、金綱や提灯に隠れているだけで、他の動物もどこかにいるのではないかと思います。
どれも細かく彫り抜かれた良い作品ですね。

木鼻

上が右面、下が左面。
木鼻:『阿吽の唐獅子・獏』

少し区別が難しいですが、きちんと阿吽になっています。
現代風の作品ですね。


柱:『昇龍・降龍』

擬宝珠勾欄住吉型風の角柱で、どれも彫刻が施されています。

脇障子

左が右面、右が左面。
脇障子:『武者』

脇障子と言うよりは、元々角障子だったような印象の部材です。

脇障子人形:『?』

兜桁の上に人形がいます。
住吉方面の地車ならではの仕様と思われます。

三枚板

正面三枚板:『漢の高祖龍退治』

漢の高祖…のはずなんですが、右の人物は大巳貴命に見えます。
龍の場所はここで正解と思われます。

劉邦は何処へ行ったのかと言いますと…

右面三枚板:『劉邦・虎』

右面で虎と戦っておりました、改修の際に場所が変わってしまったのでしょう。

ですから、改修前の右面の題材は大巳貴命大鷲退治?

左面三枚板:『雄略天皇猪退治』

こちらは人のポーズや、動物の胴体・足を見る限り、元の題材通りだと思われます。
猪の顔は彫り換えのようです。

勾欄

上から
前方:『波濤に千鳥』
後方:『波濤に千鳥』

上から
右面:『波濤に千鳥』
左面:『波濤に千鳥』

勾欄合は全て波濤に千鳥で統一です。

縁葛

上から
前方:『武者』
後方:『武者』

上から
右面:『武者』
左面:『武者』

何かモデルとしている戦いがあるのかは分かりませんが、戦の様子が彫刻されています。

土呂幕

上から
前方:『山水草木』
後方:『牡丹に唐獅子』

前方の扉式は改修前の様子を引き継いだため?
扉式の方が足回りのメンテナンスや発電機を操作する面では便利です。

水の表現が水平になっているところが昔の作品との違い?

右面です。
上から
前方:『牡丹に唐獅子』
後方:『牡丹に唐獅子』

左面です。
上から
前方:『牡丹に唐獅子』
後方:『牡丹に唐獅子』

側面は貴重な新調当時の彫刻です。
額に囲われている様子から、現在は大型化していることが分かります。
目玉の影響もありますが、独特の雰囲気をしています。

台木

右面:『波濤に玄武』

左面:『波濤に玄武』

購入時に交換されたものです。
平野風の曳行をするためには前後に懐が必要で、通常よりも長めの台木になっているかと。

要所

①枡組:枡組がついていますが、小屋根と干渉させることで段差を少なくし、大阪型風にしています。
②大屋根右面虹梁:晃一作、と刻まれています。
③前方妻台:引き綱はフックで固定するようです。梃子だけでなく、ペダル式ブレーキがつきます。
④後方妻台:後方の懐。

金具

①屋根中央部:星梅鉢紋。
②屋根勾配部:昇龍・降龍。
③屋根端:唐草模様。
④桁先:亀甲花角紋、珍しいですね。
⑤垂木先:星梅鉢紋。
⑥脇障子兜桁:「南」の文字
⑦勾欄親柱・縁葛西隅:金メッキで、花角紋。
⑧肩背棒先:「大」・「蓮」の文字

関連動画

南大蓮出発の様子と、JR長瀬駅集結・出発の様子を収録しています。


如何でしたでしょうか?

原型は殆ど無いですが、東大阪市でも元・泉州の上地車が活躍しています。
興味がある方は是非一度見に行ってみては如何でしょうか?

ご閲覧有難うございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。