守口市産須那神社 北寺方地車

皆様こんにちは。

現在は改修が行われ擬宝珠勾欄型となってしまいましたが、板勾欄時代の写真で北寺方地車をご紹介したいと思います。

守口市産須那神社 北寺方地車

形式:板勾欄出人形型 (2017年4月23日より擬宝珠勾欄型)
製造年:1926(大正15年)
購入年:2008(平成20年)
大工:立石庄一郎
彫刻:彫又
歴史:和泉市上泉→守口市北寺方
姿見

左が前方、右が後方。
上泉時代に彫刻を再利用して組み上げられた地車です。 板勾欄型の中では大きい方に分類されるかと思います。

側面より。

斜め前より。

屋根

屋根周り、懸魚は新しいものに交換されています。

鬼板

上から 大屋根前方:『獅子噛』 大屋根後方:『獅子噛』 小屋根:『獅子噛』

懸魚

上から 大屋根:『飛龍』 小屋根:『松に鶴』

車板・枡合・虹梁

大屋根前方 上から 車板:『雲海』 枡合:『雲海』 虹梁:『松に鶴』

小屋根 上から 車板:『雲海』 枡合:『牡丹に唐獅子』

枡合・虹梁

右面 上から 大屋根枡合:『唐子遊び』 大屋根虹梁:『松に鶴』 小屋根枡合:『唐獅子』

左面 上から 大屋根枡合:『唐子遊び』 大屋根虹梁:『松に鶴』 小屋根枡合:『牡丹に唐獅子』

木鼻

上が右面、下が左面。

一部飾り付けに隠れて撮影出来ず。全部で10体です。

柱巻き・板勾欄

柱巻き:『』

柱巻き

柱巻き:『』

出人形

出人形:『武者』

間仕切り

間仕切り:『珠取り獅子』
恐らく元は旗元に使われていた部材でしょう。

脇障子

左が右面、右が左面。 脇障子人形:『大黒・恵比寿』

左が右面、右が左面。 脇障子:『武者』

三枚板

正面:『漢の高祖龍退治』

右面:『?』

左面:『?』
右は大己貴命のようにも見えますが、その場合元は大鷲退治であった可能性も?

摺出鼻

摺出鼻:『松』
途中で切断されています。

角障子

左が左面、右が右面。 角障子:『武者』

土呂幕

上から 前方:『山水草木』 後方:『武者』

右面 上が大屋根側、下が小屋根側

左面

大屋根側
小屋根側は撮影忘れ

持送り

左が左面前方、右が後方

台木

上が右面、下が左面。
下勾欄:『波濤』 台木:『波濤』

台木は新しいものに交換されています。

金具

①屋根中央部:『雲海に宝珠』
②屋根傾斜部:『昇龍』
③垂木先:『梅鉢紋』
④宝
⑤縁葛中央:『牡丹』
⑥縁葛端:『牡丹』
⑦肩背棒先:『北』の文字

要所

①重厚な枡組。
②側面の板勾欄は人形が取り払われています。
③北寺方ではこのゴムのクッションを力強く地面に当ててしゃくります。
④泉州で活躍していた証拠の後ろ梃子の装備が伺えます。

いかがでしたでしょうか?

守口市で活躍する数少ない元・泉州の地車。
古い板勾欄型は焼却されてしまったもの、行方が分からなくなっているものがある中で、姿は大きく変わっても彫刻が生き続け、現在まで辿り着いたこの地車はある意味強運の持ち主なのではないかと思います。
今年は締め直し・改修も行われ、今後も末永くこの地で曳行されることが期待できそうです。

ご閲覧有難うございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。