奈良県北葛城郡広陵町菅原神社 赤部地車

皆さんこんにちは。

前回の疋相地車に引き続き、今回も広陵町の地車をご紹介いたします。
広陵町には去年訪れましたが、偶然にも赤部地車の修復が完成していたようで、出来たてホヤホヤの姿を拝むことが出来ました。
赤部地車は堺型が多い馬見地区の中では異例で、元は舟型だったのではないかと思われる形状をした地車です。
彫刻師も相野一門で、他の地車とは彫刻の雰囲気がかなり異なります。

それでは、各所に見られる特徴をおさえながらご紹介していきたいと思います。

奈良県北葛城郡広陵町菅原神社 赤部地車

◆地域詳細
宮入:菅原神社
小屋所在地:神社に隣接

◆地車詳細
形式:元は舟型と思われる
製造年:江戸末期
大工:不明
彫刻:相野伊兵衛

姿見

左が前方、右が後方。

屋根まわりの彫刻が控えめで、柱が長く見えます。
今回の改修で左梯子が取り付けられました。

側面より

舞台が大屋根直下ラインを超え、かなり前方まで跳ね出しているのが特徴です。
石川型のように斜め前方に支持部材が出ています。

斜め前より

破風

破風はそのままに葺地を交換されました。
箕甲の間隔が大きく、他村の堺型とは大きく異なります。

枡組

出三斗組になっています。

鬼板・懸魚

大屋根前方:『?』

すみません、一発目から題材不明です。
懸魚とセットであろうとは思いますが・・・後日分かり次第記入します。

大屋根後方:『波濤・梅』

御幣でよくわかりませんでした。

小屋根側:『鐘馗の鬼退治』

貴重な相野一門オリジナルの鐘馗の鬼退治です。
門真市打越地車の改修前もこのような感じだったのでしょうか?

箱棟

箱棟:『雲海』

車板・枡合・虹梁

大屋根前方
車板:『龍』
枡合:『波濤・鳳凰』

大屋根後方
車板:『松』

小屋根
車板:『麒麟』
枡合:『雲海・鳳凰』

大屋根前方ではよく分からなかったかと思いますが、枡合が中段で二分割され、彫刻の題材も分けられています。
珍しいですね。

右面大屋根側:『鶴』

支輪がついており、石川型等に見られる仕様に近くなっています。

右面小屋根側:『鳳凰』

左面大屋根側:『千鳥?』

左面小屋根側:『鳳凰』

車内枡合:『雲海』
車内虹梁:『汗血馬?』

木鼻

上が右面、下が左面。
木鼻:『阿吽の漠・唐獅子』

唐獅子の耳が寝ていたり、漠の目の周りの表現など、相野一門ならではの顔です。

間仕切り

間仕切り:『松』

とても細い部材に彫刻されています。

脇障子

脇障子前方側:『石橋』

改修前はボロボロになりながらも相野一門の作品が入っていましたが、同じ題材で彫り直したようです。

脇障子後方側:『猿』

三枚板

正面:『翠虚』

三枚板は仙人で統一されています。
近年新調される地車で仙人の彫刻が選ばれることは殆どないので、その貴重さと古い地車ゆえの独特さから最近の私のお気に入りです。

大変貴重な銘です。

右面:『董奉』

左面:『陳楠』

龍が出現している描写はなく、周囲の彫刻にもそれらしきものは見当たりませんが、恐らくこの題材で良いかと思います。

摺出鼻

右面:『猿』
かなりシンプルですが、旗のための設備がつきます。

左面:『猿』

勾欄合・縁葛

この地車の特徴的な部分で、後方に向けて勾欄が少し絞られています。
確証はありませんが、元は舟型地車だったのではないかと思われる要素です。

土呂幕・台木

右面

台木に彫刻はありません。2枚ホゾ、角台木です。

左面

いかがでしたでしょうか

独特な要素が多い地車でした。もし舟型地車であった場合、安立町・東條・後屋の数少ない3台に仲間入りすることになります。
元の姿に戻されることは二度とないと思いますが、その辺りを想像しながら見ていくと非常に面白いと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。