雑記 エモいもの巡り③ ミュージックサイレン 旧伊賀市役所再訪!

エモいとは
若者言葉の1つで、言葉では説明できないような「寂しい」や「感動」を示す言葉のこと。(Weblio辞書より)

雑記のエモいもの巡りシリーズでは、筆者がエモいと感じたものを是非皆さんにも知っていただきたく、記事を書いていきたいと思います。

前回のエモいもの巡りとして伊賀市役所のミュージックサイレンをご紹介しました。
しかし、18時のサイレンしか収録出来なかったことや、サイレンから離れたところで収録してしまったことから、事前調査を入念に行い、再訪することにしました。

結果は・・・まぁ60点位でしょうか。収録環境は天候に左右されるので、なかなか完全に納得が出来る環境となるのは難しいですね。
ひとまずは1日4回の演奏全てを収録できましたので、ご紹介します。

7時のサイレン ペールギュント『朝』

12時のサイレン 混声合唱曲『芭蕉』

18時のサイレン 『家路』

22時のサイレン 『ブラームスの子守唄』

収録環境はさておき、どれも良い音色をしています。
また余裕が出来たらいつかトキハ本店は行ってみたいですし、愛宕山はもう一度チャレンジしたいですね・・・

ご興味を持たれた方は早めの収録を!
宿泊は伊賀上野シティホテルが駅チカで部屋も綺麗でお値段もリーズナブルでしたのでオススメします。

それでは、今回はここまで。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。