田原本町池坐朝霧黄幡比賣神社 寺内地車

皆さんこんにちは。

一度堺型の記事を書いてしまうと堺型の趣深さにハマってしまい、堺型のことばかり考えてしまいがちの私です。
堺型は台数が多く存在するながらも、大工や製造年代については大雑把な情報しか得られておらず、非常に考えたり比べ甲斐のある地車の形式です。

私は大工仕事の特徴から、ある程度分類分けをしたデータを持っていますので、その中から今回は堺型の中でもかなり特徴が分かりやすい『堺北』の大工仕事と思われる地車の一台をご紹介したいと思います。

それではご覧ください。

田原本町池坐朝霧黄幡比賣神社 寺内地車

◆地域詳細
宮入:池坐朝霧黄幡比賣神社

◆地車詳細
形式:堺型
製造年:江戸末期
購入年:不明
大工:堺北(橿原市小綱町地車と同大工)か
彫刻:服部一門

姿見

前方より

様々なパーツが交換されているので、原型からはかなり遠ざかっています。
大型で幅広の印象を受ける地車です。

斜め前より

堺北の仕事の特徴でもある段差勾欄はパーツの交換により消滅してしまっています。
土呂幕も妻側は幕式になっています。

どういった理由でこのようになったのでしょうか。一度解体された状態で保管された過去がある等でしょうか?

破風

交換されています。
地車では大変珍しい銅葺屋根です。

仕口

枡組がなく、柱と桁が直結されています。見た目は古い大阪型風です。
堺型では台輪・枡組が入るのが大多数ですが、堺北の仕事にはこのような技法を用いた地車が存在します。小綱町がその例です。
また、この仕様は堺北だけではなく、明治後期の萬源の仕事にも見られます。

古い時代に作られるものには枡組が入っていなかった、といったような法則がある特徴ではないので、何故このように仕様を使い分けたのか興味深い部分です。

鬼板

上から
大屋根前方:『獅子噛』
大屋根後方:『獅子噛』

写真にはありませんが、小屋根も獅子噛です。
破風より少し奥まったところにいるため、正面からでは綺麗に撮れませんでした。
顔を見ると服部一門であることが明らかです。

箱棟

箱棟:『雲海』

立派な彫刻が施されています。

懸魚・桁隠し

大屋根前方
懸魚:『鳳凰』
桁隠し:『松』

小屋根
懸魚:『猿に鷲』
桁隠し:『松』

堺型においては桁隠しを持つ地車もかなり限定されます。
木村一門の仕事と思われる地車にも桁隠しを持つ地車が2台(もしかすると3台)ありますが、圧倒的少数派です。
堺北の仕事と思われる地車には殆ど桁隠しが取り付けられています。特徴ある部分です。

車板・持送り

車板:『宝珠を掴む青龍』

提灯に隠れてしまっているのが残念ですが、立派な彫刻です。
虹梁の模様の彫刻は唐草模様の要素もある波の彫刻で凝っており、面白いです。

持送り:『?』

幕に隠れて見えませんが、鍾馗の鬼退治等でしょうか。
この場所に持送りを取り付ける堺型の大工はこれまたかなり限定されます。

小屋根:『谷越獅子』

大きく手前に張り出した立派な作品です。

右面大屋根側:『麒麟』

右面小屋根側:『龍』

左面大屋根側:『麒麟』

左面小屋根側:『龍』

人物ではなく、獣の題材で統一されていました。

木鼻

木鼻:『阿吽の唐獅子・仙人』

唐獅子の上に仙人が乗り、木鼻上部にスカスカの空間が発生しないよう工夫が施されています。

車内車板・間仕切り

車内車板:『山水草木』
間仕切り:『鯉の滝登り』

枠がつくことで、より直線的な印象の鯉の滝登りです。

脇障子

脇障子:『応神天皇を抱く武内宿禰・神功皇后』

神話の題材が採用されていました。日本の題材なので、見ていて安心感があります。
脇障子に枠を取り付ける堺型の大工は堺北しかいないのではないでしょうか。

三枚板

正面:『三国志 ?』

三枚板は三国志で間違いないと思います、やはりこの地車の製作年代は明治ではなく、江戸末期でしょうか。
ニスで黒光りしてよく見えず、そんな位置に顔があるので阿斗を抱く趙雲かと思いましたが、よく見ると抱かれていると言うより攻撃されているうえ、髭が生えて鎧を着ている人物だったでこの題材ではなさそう。

右面:『三国志 劉備?』

波が表現されているので、檀渓を飛ぶ場面か?

左面:『三国志 関羽?』

左面に関しては自信全く無し。髭の形的に微妙ですが、実は正面が関羽だったり?勉強不足ですみません。

摺出鼻

摺出鼻:『龍』

こちらは胴体で・・・

摺出鼻:『龍』

先端に顔の別パーツが取り付けられています。面白い細工です。

旗台

旗台:『力神』

三体の力神がいるのは、小綱町地車も小路地車も共通です。
仕様に決まりがあったのかもしれません。

勾欄合・縁葛

勾欄合:なし
縁葛:なし

ニス塗りされているのでよく分かりませんが、恐らく新設されているもので、オリジナルではありません。

土呂幕

土呂幕:『菱格子』

堺北の大工仕事で特徴が出る部分です。
斜め向きの持送りは健在ですが、扉式の土呂幕は消滅しています。

持送り

持送り:『波濤』

台木

右面:『波濤』

台木は彫り替えられています。猫木はオリジナルと思われます。
先端に模様がつく仕様は小綱町・小路地車とも共通します。

左面:『波濤』

妻側の土呂幕は廃止され、幕式になっています。

いかがでしたでしょうか?

シンプルに見えて、見れば見るほど面白い堺型の世界。
今後も気分次第ですが、堺型の記事を時々書きたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。