大阪市旭区八幡大神宮 別所町地車

皆様こんにちは。

今回ご紹介するのは旭区の別所町地車です。
守口市瀧井の先代地車で、瀧井時代の様子は他サイトを通じて知っていましたが、なかなか見に行く暇がなく、気がつけば瀧井は新しい地車を購入。「しまった!古い地車だし、解体されてしまったかもしれない…」と思っていましたが、ある日YouTubeに「新森まつり」の名前で地車曳行の動画が上がっていました。
新森は地車囃子が上手なことで以前より知っていましたが「地車は確か無かったような?」と、思いつつ見てみたところ、先代瀧井地車がそこに映っていました。
解体されず、生き残ってくれていたようです。

それではご紹介させて頂きます。

大阪市旭区八幡大神宮 別所町地車

◆地域詳細
宮入:八幡大神宮
住所:大阪市旭区清水3丁目20-19

◆地車詳細
形式:大阪型(幕式)
製造年:江戸末期~明治初期
改修年:平成15年頃?(今から10年前、瀧井時代に修理したと伺った)
大工:不明
改修大工:梶内だんじり株式会社
彫刻:【彫清】一門 他
歴史:鴫野方面→守口市瀧井→旭区別所町

◆地車詳細
形式:大阪型(幕式)
製造年:江戸末期~明治初期
改修年:平成15年頃?(今から10年前、瀧井時代に修理したと伺った)
大工:不明
改修大工:梶内だんじり株式会社
彫刻:【彫清】一門、他多数
歴史:鴫野方面→守口市瀧井→旭区別所町

◆歴代別所町地車
・先代(初代?):別所町新調かは不明だが、明治期製作の大阪型。
1910年頃電線に接触するため手放し、東大阪市森河内本郷へ。
・現地車(2代目?):平成25年に守口市瀧井より購入。

◆地車修理/内容
平成15年頃に梶内だんじり株式会社にて、台木を交換。
姿見

左が前方、右が後方

背はそれほど高くはありませんが、横幅があります。
その色合いからも古く、貴重な地車であることがよく分かります。

右面より

ロー&ロングなスタイルです。
別所町・地車と書かれた綺麗な提灯がつけられています。白や赤以外の鮮やかな提灯飾りもいいですね。
夜は曳行していないとのことで、残念ながら灯された状態は見れなさそうです。

破風

大阪方面ではあまり見られない、なだらかな傾斜をしており、懸魚はありません。

鬼板

上から
大屋根前方:『獅子噛』
大屋根後方:『獅子噛』
小屋根:『獅子噛』

彫清一門の作品です。大屋根後方など勝五や猪飼野とそっくりですね。

車板

上から
大屋根車板:『吽の龍』
小屋根車板:『唐獅子』

どちらも元々この地車についていたものではなさそうです。
大屋根の龍はかなりの秀作で、胴体の部品も健在です。服部清七の作?

小屋根車板には元・桁隠しであろうの部品が見えます。

車板の話の続き

通し柱との接合部ですが、完全にオーバーサイズです。やはりどこか他の場所から持ってきています。

上が右面:『富士の巻狩』
下が左面:『富士の巻狩 仁田四郎猪退治』

細いスペースですが、富士の巻狩がしっかりと彫刻されています。
この彫刻は元々この地車についていたものかもしれません。

木鼻

上が右面:『獏』
下が左面:『獏』

細く小さく、荒い彫りですね。
おそらく3パターンで、①前方と大屋根右面、②大屋根左面、③後方、全て彫刻師がバラバラです。

勾欄付近

瀧井時代から気になっていた勾欄まわりです。独特のつくりですね。
叩き手は正面の1段下がった場所から乗り降りを行います。トコテン担当者は車内に入りきらないため、外から叩きます。

狭くても2丁鉦・トコテンを積む姿勢からお囃子への熱意を感じます。

三枚板 付近

三枚板には赤い幕がかけられています。

勾欄は床の上に乗っているというより、回りを囲っているといった感じです。
勾欄合に彫刻はありません。

土呂幕

前方は完全に塞がれています。
上に見える2本の少し手前に出ている部材が乗降口の勾欄を支えています。

側面は格子になっています。
瀧井時代にはむき出しでしたが、こちらでは赤紫の幕がかけられています。

台木

上が前方、下が後方

台木は色からして新しい木です。
妻台の下に車輪がついていますが、駒を抜いて保存する際に使うものでしょう。

上が右面、下が左面

通し柱が僅かに台木に引っかかっている程度で、殆ど外を通っています。台木交換の際に幅を狭くしたんでしょうか?

金具

①・②葺地・破風:『唐草模様・雲海』
③勾欄親柱・擬宝珠:『唐草模様』
④垂木:紋なし
⑤肩背棒先:『中』の文字

関連動画
いかがでしたでしょうか?

2年おきに地車を出すと伺いましたので、来年はもしかしたら見れないかもしれませんが、9月の第2土日には秋祭りが行われるそうです。まだ見たことがない方は是非。
また、「こりゃ、こりゃ!」の掛け声で終始担いで練り歩く枕太鼓もありますので、そちらも是非!かなり熱い祭りですよ!

当日お声かけ頂いた皆様、有難うございました。

おしまい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。