大阪市鶴見区安田住吉神社 安田地車

皆さんこんにちは。

今回ご紹介させて頂くのは鶴見区安田の地車です。

安田の地車は秋にしか曳行されておらず、他地域と祭礼日が被るため、なかなか見に行けない地車ですね。
近年では2010年5月に花博開催20周年記念イベントにて展示されたこともあるようで、その時に見られた方も多いかもしれません。

私がこの地車をはじめて見たのは2014年で、11時頃に行ったのですが曳行中ではなく、小屋で子供達がお囃子を叩いていました。
数が減りつつある古い大阪型です。

それではご覧ください。

大阪市鶴見区安田住吉神社 安田地車

◆地域詳細
宮入:安田住吉神社
小屋所在地:神社の敷地内
歴史:河内国若江郡安田村の豪族・百姓が天文2年(1533)に大和川からの水難を避けるため当地に移住し、旧地名を村名として用いたことに由来。

◆地車詳細
形式:大阪型
製造年:明治30年頃の説がある。
購入年:昭和40年6月
大工:不明
彫刻:不明

◆地車経緯
・先代(初代):昭和初期~30年代まで存在していたことが確実。かなり大型で重く、曳行に苦労した。
彫刻・躯体の一部を残して焼却。
・現地車(2代目):布施の長堂より購入。

◆地車修理/箇所
・昭和59年に修理

引用)
歴史について
鶴見区ホームページ 区名、地名の由来
参考)
製造年・購入年について
社団法人大阪観光協会『大阪のだんじり』
姿見

前方より

どんどん数が減少している古く小ぶりな大阪型。大屋根前方の破風は作り変えられたようです。
小屋での撮影のため、後方・側面は写せていません。

斜め前より

破風

勾配が急で、端は少し反っています。

大屋根前方のみ交換されているようです。
2008年の時点で新しい屋根になっているので、2000年代に一度修理されているようです。

鬼板

上から
大屋根前方:『獅子噛』
大屋根後方:『獅子噛』
小屋根:『獅子噛』

3面とも獅子噛ですが、どれも異なった表情をしています。
いったい誰が彫刻したのでしょうか?

箱棟

上から
右面大屋根:『龍』
右面小屋根:『飛龍』
左面大屋根:『龍』
左面小屋根:『飛龍』

小屋根の獅子噛と睨み合う龍は他の地車でも見かけますね。

懸魚

大屋根前方
主懸魚:『鳳凰』
桁隠し:『阿吽の鶴』

主懸魚はやはり定番の題材。尾は薄い部材を大胆にくり貫かれて彫刻されていますね。
桁隠しは一枚で作られています。

小屋根
主懸魚:『猿に鷲』
桁隠し:『猿』

小屋根側も定番の題材です。
この地車の猿と鷲は割りとフレンドリーなようです。お猿さんが口に爪を入れられたりしていません。

車板・間仕切り

大屋根前方車板:『宝珠を掴む青龍』
間仕切り:『唐獅子』

前方車板は良いですね、かなり立派な龍です。
間仕切りは後述の土呂幕の部分を見ていただければ分かりますが、元は前方土呂幕だった可能性があります。

車板

右面です。
大屋根:『吽の龍』
小屋根:『牡丹に吽の唐獅子』

左面です。
大屋根:『阿の龍』
小屋根:『牡丹に阿の唐獅子』

左右で阿吽になっています。味のある彫刻ですね。

持送り

左が左面、右が右面
持送り:『波』

車板の下に持送りがつきます。

木鼻

上が右面、下が左面。
木鼻:『唐獅子・力神』

飛獅子

飛獅子:『唐獅子』

屋根の隙間にきちんと飛獅子が設けられており、大工仕事の拘りを感じます。

脇障子

左が右面、右が左面。
脇障子:『松・竹・梅』

こちらは縁起の良い題材ですね。
人物や動物が来たりしますが、植物オンリーというのもなかなか渋いです。

三枚板

正面:『牡丹に唐獅子』

正面は車板と一体になっています。
身体の大きさ的に上が親、下が子でしょうか?

宝を編み込まずに取り付けてくれているので、見学しやすかったです。

右面:『牡丹に唐獅子』

左面:『牡丹に唐獅子』

三枚板は左右で阿吽の関係は無いようです。
左面は下に子獅子が見えますね。

角障子

左が左面、右が右面。
角障子:『昇龍・降龍』

大阪型の角障子で私が好きな題材です。格好いいですね。

勾欄合

上が前方、下が後方。
勾欄合:『唐子二十四孝』

上が右面、下が左面。
勾欄合:『唐子二十四 孝 』

前方左端の空にはお星様も…茶目っ気のある彫刻ですね。
と、言うよりもこの彫刻が作られた時代も星はこの形→☆(星マーク)で認識されていることに驚きです。

縁葛

上が前方、下が左面。
縁葛:『波濤』

縁葛は四方ともシンプルに波の彫刻が入っていました。

土呂幕

上が前方、下が後方
土呂幕:『牡丹に唐獅子』

前方は取り外され、物入れとして使用されています。
先ほどご紹介した、間仕切りは元々ここにあったのではないかと。

右面です。
上が大屋根側、下が小屋根側
土呂幕:『牡丹に唐獅子』

左面です。
上が大屋根側、下が小屋根側
土呂幕:『牡丹に唐獅子』

どれも耳が立った唐獅子です、特徴ありますね。

台木

上が右面、下が左面。

台木に彫刻はありません。

要所

①小屋に飾られていたもの:改修前の大屋根でしょうか?
②小屋に飾られていたもの:もしかして先代地車の部品?
③角障子上部:雲海の彫刻で垂木を僅かに支えています。
④前方妻台:昔はロープを回していたであろう穴があります。今は引き綱環を使用しています。

金具

①屋根中央部:『唐草模様・雲海と宝珠』
②屋根勾配部:『昇龍・降龍』
③屋根端:『唐草模様・雲海』
④垂木:『菊紋』
⑤脇障子兜桁:『花角紋』
⑥肩背棒先:『安・田』の文字。

いかがでしたでしょうか?

年が経ち、良い色合いをした地車でした。
各所の題材がほぼ動物であるところがまた良いですね。
次は是非動いている様子を見てみたいものです。

ご閲覧有難うございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。