門真市堤根神社 横地地車

イメージ 1

※この記事はYahoo!ブログより移行したため、画像サイズが小さくなっております。あらかじめご了承願います。

門真市堤根神社 横地地車

◆地域詳細
宮入:堤根神社

◆地車詳細
形式:板勾欄出人形型
製造年:明治時代?
大工:不明
彫刻:彫又一門
歴史:大阪市住吉区遠里小野→堺市西区家原寺町→東大阪市川島→門真市横地

姿見

イメージ 12

前方より

板勾欄型では大型な方に分類されると思います。
家原寺時代に躯体の大半を交換する大掛かりな改修が行われており、オリジナルの様子が分からなくなっています。
川島では担ぎ上げを行うため、腰周りを担ぎ上げがしやすいように少し改造したと聞きました。

イメージ 21

側面より

改修で大型化されたのかと思いましたが、柱巻き等を見るに、オリジナルの状態から既に上半身が長く、背が高い地車だったようです。

鬼板・懸魚

イメージ 22

大屋根前方
鬼板:『獅子噛』
懸魚:『鳳凰』

両方とも彫り替えられています。

イメージ 23

大屋根後方
鬼板:『宝珠を掴む青龍』
懸魚:『鳳凰』

オリジナルの作品のようですが、御幣で見えにくいのが残念です。

イメージ 24

小屋根
鬼板:『唐獅子』
懸魚:『鳳凰』

こちらもオリジナルが残っています。鳳凰の顔は欠け継ぎ補修されています。

枡合・二重虹梁・木鼻・柱巻き

イメージ 25

前方
枡合:『唐獅子』
虹梁:『鷲』

側面枡合は金縄でよく見えませんでしたが、題材は同じでした。
構造虹梁に施された模様は住吉大佐製の地車によく見られるものでした。

柱巻き・出人形・板勾欄

イメージ 2

柱巻き:『昇龍・降龍』
出人形:『武者』
板勾欄:『武者』

柱巻きと出人形はセットの題材ではなさそうです。
出人形は彫り替えられています。

イメージ 3
イメージ 4

出人形だけを拡大。

板勾欄・出人形

イメージ 5

右面
出人形:『武者』
板勾欄:『龍』

板勾欄は内側に擬宝珠勾欄をもつ二重勾欄構造。

イメージ 6
イメージ 7

出人形を拡大。

イメージ 8

左面
出人形:『武者』

左面は囃子方の乗り込みのため、出人形はこれだけです。

貴重なオリジナルが残っています。

脇障子

イメージ 9

脇障子人形:『三国志?』

脇障子の板はオリジナルのため、元よりこのような舞台がつくタイプの脇障子だったと思われます。
住吉方面で作られた地車にはよくこのタイプの脇障子が施されます。

三枚板

イメージ 10

正面:『漢高祖龍退治』

右の人物を見る限り、オリジナルはこの題材で良いと思います。
左の鷲は彫り替えられており、あたかも大己貴命の大鷲退治のように仕上げられていますが、オリジナルとは異なるものでしょう。

イメージ 13

右面:『赤松円心の大蛇退治』

他所を見ている間に提灯がついてしまっていたので撮影した角度が悪いですが… 赤松円心の大蛇退治の題材はなかなか珍しいです。
完全に彫り替えられているようです。

イメージ 14

左面:『武松の虎退治』

武松の顔が補修されているものの、三枚板の中では比較的オリジナルの要素が高いです。
右上の木鼻も貴重なオリジナルです。

角障子

イメージ 11

角障子:『武者』

土呂幕

イメージ 15

前方:『鬼若丸の鯉退治』

扉式になっています。

イメージ 16

後方:『武者』

イメージ 17

上が右面、下が左面
土呂幕:『武者』

下勾欄・台木

イメージ 18

下勾欄:『波濤に鯉』
台木:『波濤』

下勾欄はオリジナルと思われますが、かなり大型で特徴あるものです。
動物が来るとしても兎等であることが多く、鯉は珍しいです。

台木は交換されています。

旗台

イメージ 19

旗台:『親子獅子』

こちらはオリジナルが残っています。
切れ込みと台木の形が合っていることから、オリジナルの状態から台幅が変わっていないことが分かります。

要所

イメージ 20

①枡組
②左面の出人形を差す穴 各所裏側にも墨等は見つかりませんでした。
③梯子金具 縁葛の金具と一体になっていました、珍しいです。
④縁葛:『牡丹に唐獅子』
⑤腰周り 木鼻の上に持送り、オリジナルもこのような形状だったのかもしれません。一部の堺型でこのような形状は見たことがあります。
⑥正面妻台付近

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。