堺市中区陶荒田神社 辻之地車

イメージ 1

※Yahoo!ブログからの移行記事のため、画像が小さくなっております。あらかじめご了承願います。

堺市中区陶荒田神社 辻之地車

◆地域詳細
宮入:陶荒田神社
小屋所在地:豊西寺南方

◆地車詳細
形式:折衷型
製造年:昭和59年
大工:池内福治郎
彫刻:中山慶春・松並義孝

◆地車修理/内容
平成15年吉為工務店:洗いがけ、正面土呂幕、縁葛を交換、見送り人形の追加、金具下地変更(黒→白)、台木波頭の金具追加、獅子噛目玉変更、巻き込み防止柵新調等。
平成24年吉為工務店:洗いがけ、破損彫刻の修理等。

◆歴代辻之地車
・先々代(1代目):詳細は不明、曳行途中にバラバラになったと伝わる。
・先代(2代目):明治37年以前に和泉市納花より辻之に譲渡される。現地車新調に伴い、室堂の個人へ売却。
・現地車(3代目):昭和59年新調、陶器地区最初の折衷型地車を新調する。

姿見

イメージ 2

斜め前より

池内工務店の折衷型、大屋根が切妻になっているのが特徴です。
兄弟地車は河内長野市西代です。

イメージ 13

側面より

平成24年改修前の姿です。
兄弟地車である西代地車の枡組は住吉型風にあっさりしたものですが、辻之地車の枡組は岸和田型風に重厚なものになっています。
重厚な枡組を組むことを優先してか、結果的に枡合はかなり小さめのサイズになっています。

鬼板

イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22

上から
大屋根前方:『獅子噛』
大屋根後方:『獅子噛』
小屋根:『獅子噛』

中山慶春師初期の作品で、5本の指が特徴です。

懸魚・桁隠し

イメージ 23

大屋根前方
懸魚:『義経八艘飛び』
桁隠し:『朱雀』

懸魚の大枠から溢れてきそうな波の表現が独特です。

イメージ 24

小屋根
懸魚:『五條大橋の出会い』
桁隠し:『鞍馬天狗』

車板

イメージ 25

上から
大屋根前方:『猿に鷲』
小屋根:『宝珠を掴む青龍』

古風に獣の題材が採用されています。

枡組

イメージ 3

平側が龍、妻側が唐獅子になっています。

枡合

イメージ 4

①大屋根前方:『神武東征』
②小屋根  :『鎮西八郎為朝の豪弓』
③大屋根左面:『楠公子別れ櫻井の駅』
④大屋根右面:『頼朝朽木隠れ』
⑤小屋根左面:『長年公天皇を救う』
⑥小屋根右面:『布引の瀧 小櫻責め』

大屋根妻側は二重枡合になっており、上には武者が彫刻されています。

木鼻・角障子竹の節

イメージ 5

木鼻:『阿吽の唐獅子』
角障子竹の節:『唐獅子』

胴体まで彫刻されています。
辻之だけのオリジナル仕様ですが、全て紺の頭巾を被せています。

虹梁

イメージ 6

見送り虹梁:『牡丹に唐獅子』

柱巻き

イメージ 7

柱巻き:『阿吽の龍』

大迫力の豪華な柱巻きの龍は、中山慶春師が関わった作品ならではのもの。
非常に魅力的です。

間仕切り

イメージ 8

間仕切り:『親子獅子』

見送り

イメージ 9

見送り:『大坂夏の陣』

まずは全体像から。

見送り人形

イメージ 10

中山師の作品、松並師の作品、それぞれ表情に特徴があります。

角障子

イメージ 11

角障子:『大坂夏の陣』

縁葛

イメージ 12

前方:『義士の討入り』
右面:『吉良討取り』
左面:『清水一学の奮戦』

元は牡丹に唐獅子でしたが、改修で忠臣蔵となりました。

土呂幕

イメージ 14

前方:『恵比寿・大黒天』

元は高砂でしたが、改修でこの題材になりました。

イメージ 15

後方:『西王母・東方朔』

中山慶春師の十八番でしょうか?師が関わった地車の土呂幕には高砂とセットでよくこの題材が採用されています。

イメージ 16

妻側:『牡丹に唐獅子』
①左面前・②左面後・③右面前・④右面後

妻側はオリジナルが残っています。
中山慶春師の唐獅子はとても魅力的です。

台木

イメージ 17

台木:『波濤に玄武』

金具・要所

イメージ 18

①旗台:『牡丹に唐獅子』
②肩背棒先:『辻之』の文字。
③縁葛:『牡丹』 白地になっています。
④勾欄まわり:『葡萄』 珍しい題材です。

イメージ 19

①改修前の作品:後方土呂幕『高砂』 縁板『牡丹に唐獅子』
②巻込防止柵
③後梃子:緩衝材がついており、この部分が前を上げた際に地面に接触する仕組みになっています。
④ターンバックル:前しゃくりも後しゃくりもするので計4個あります。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。