堺市中区陶荒田神社/大阪狭山市三都神社 隠地車

イメージ 1

※Yahoo!ブログからの移籍記事となります。
画像サイズ等小さめですがご了承願います。

堺市中区陶荒田神社/大阪狭山市三都神社 隠地車

◆地域詳細
宮入:陶荒田神社・三都神社
小屋所在地:阿弥陀池近く、会所に隣接。

◆地車詳細
形式:折衷型
製造年:1990年(平成2年)
大工:池内幸一
彫刻:野原湛水・木下賢治・中山慶春

◆歴代隠地車
・初代 大正期に購入
・二代目 存在していたことのみ判明している。
・三代目 昭和8年頃、岸和田市方面より購入、老朽化で昭和20年以前に岩室の個人に寄贈。
・四代目 昭和22~3年頃、神戸市灘区住吉方面より購入、昭和30年以前に台風で破損し解体。
・五代目 昭和30年頃、和泉市和泉府中方面より購入、昭和35年頃に富田林市滝谷方面に売却か?
・六代目 昭和40年に狭山より購入。地車購入に伴い、昭和60年に桝矢の個人に売却され、現・神戸市東灘区野寄、原型は殆どない。
・七代目 昭和59年に津久野大東より購入。現地車新調に伴い東大阪市東鴻池に売却され、現・尼崎市松原神社。
・現地車(八代目) 平成2年新調。初の新調地車か?

参考)歴代隠地車について
『山車だんじり悉皆調査』 http://www5a.biglobe.ne.jp/~iwanee/

姿見

イメージ 9

前方より

昭和末期の折衷型。
大屋根が切妻屋根になっているのが特徴です。

イメージ 18

斜め前より

鬼板

イメージ 19
イメージ 20

上が大屋根、下が小屋根
大屋根前方:『獅子噛』
大屋根後方:『獅子噛』
小屋根:『獅子噛』

中山慶春師の作品、目の前で見ると大変大きな獅子噛です。

懸魚・桁隠し

イメージ 21

大屋根前方
懸魚・桁隠し:『素盞鳴尊大蛇退治』

懸魚・桁隠しセットの題材と考えます。

イメージ 22

小屋根
懸魚:『?』
桁隠し:『鶴』

神話に関する題材ではありそうです。

車板・枡合

イメージ 23

大屋根:『牡丹に唐獅子』

車板と枡合が一枚になっているタイプです。
大きく彫られた獅子がこちらを睨んでおり、なかなかの迫力。

イメージ 2

小屋根:『宝珠を掴む青龍』  

こちらも古風に獣の題材です。

枡合

イメージ 3

①左面大屋根:『天乃岩戸』
②左面小屋根:『神武東征』
③右面大屋根:『素盞鳴尊大蛇退治』
④右面小屋根:『?』

私の撮影角度が悪いため、一部題材読みとれず。すみません。

木鼻

イメージ 4

木鼻:『唐獅子』

住吉型のように、全身が彫刻されているのが特徴です。

脇障子

イメージ 5

脇障子:『?』

間仕切り

イメージ 8

間仕切り『鶴・富士山』

大きく一枚板で彫刻が施されています。
美しい作品です。

見送り

イメージ 10

見送り:『大阪夏の陣』

折衷型ですが、この地車は三枚板ではなく、見送りタイプを採用しています。

見送り人形

イメージ 11

中山慶春師独特の表情です。

角障子

イメージ 12

角障子:『大阪夏の陣』

角障子竹の節

イメージ 6

角障子竹の節:『獅子の子落とし』
隅出:『唐獅子』

この部分だけ見ると獅子が3体も並んでいます。

摺出鼻

イメージ 7

摺出鼻:『武者』

土呂幕

イメージ 13

前方:『牛若丸鞍馬山修行の場』

扉式になっています。

イメージ 14

後方:『五條大橋の出会い』

地車ではよく見かける題材。
遠近感を出すため、橋が奥に行くにつれ地平線へと隠れるように表現しています。

イメージ 15

妻側土呂幕
①右面前:『安宅の関 弁慶義経徴打』
②右面後:?
③左面前:『義経八艘跳び』
④左面後:?

小屋根側の題材は下勾欄に隠れてよく見えず。

台木

イメージ 16

上が右面、下が左面
台木:『波濤に龍』

折衷型では玄武や鯉がメジャーですが、龍は珍しいですね。

要所

イメージ 17

①拡声器関連 柱巻きが無いので、スペースが広いです。
②下勾欄の擬宝珠 池内工務店の地車はよく梁に埋もれるような細工が施されています。
③後梃子金具 バックル掛けが6つもありました。
④旗台:『獅子噛』

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。