大阪市生野区清見原神社 腹見(東小路)地車

イメージ 1

※この記事はYahoo!ブログより移行した記事のため、画像が小さくなっております。あらかじめご了承願います。

大阪市生野区清見原神社 腹見(東小路)地車

◆地域詳細
宮入:清見原神社
小屋住所:浄恩寺南方
歴史:天武天皇御幸の際に清見原神社付近で休み、ススキの群生をご覧になったことから「原見」と呼ばれはじめたと伝わる。
後の時代に豊臣秀吉が奈良見物の途中にこの村に立ち寄り、村の娘が歓迎の踊りを披露したところ、着物がはだけてしまい、お腹が見えたのを太閤が笑った。以後『原見』が『腹見』になったと伝えられている。
明治22年に小路村に合併、村の木守勝手(こもりかって)神社を清見原神社に合祀した。

◆地車詳細
形式:大阪型
製造年:不明
購入年:明治29年頃
大工:不明
彫刻:彫清一門?
歴史:不明→玉造本庄村(現在の東成区中本)の『大工庄』こと辻村庄兵衛→腹見
腹見は明治末頃は約35戸の小規模な集落で、地車購入資金になるものが無かった。
このため、各家で米を持ち寄って約百五十石(現在にして一億円相当)の米を集め、堂島の相場にて現金化した。

◆地車修理/内容
・昭和38~39年に修理。金具の取り替えが行われた。
・平成4年、河合工務店にて大改修。縦・横15cm程大きくし、彫物を修復。

参考)歴史について
社団法人大阪観光協会「大阪のだんじり」

姿見

イメージ 2

左が前方、右が後方

非常にコンパクトなサイズです。
破風は猪飼野や勝五と比べると若干丸みを帯びていますが、大熊の作でしょうか?
しかし、前者が幕式に対して腹見地車は彫刻が入っていますので、違うかもしれません。

下勾欄が後方まで回り込んでいるのが特徴です。先代諏訪地車も同じ仕様です。

イメージ 3

側面より

三枚板・土呂幕共彫刻が入っています。

鬼板

イメージ 4

上から
大屋根前方:『獅子噛』
大屋根後方:『獅子噛』
小屋根:『獅子噛』

見た者に強烈なインパクトを与える彫清の獅子噛。
鬣の中心等、彫清一門の特徴がありますが、一般的なものとは異なります。

箱棟

イメージ 5

上2つが大屋根、下が小屋根
箱棟:『牡丹に唐獅子』ですね。

非常によく彫刻されています。
小屋根の箱棟は大屋根後方の獅子噛と対面する構図。

懸魚・桁隠し

イメージ 6

大屋根前方
懸魚:『朱雀』
桁隠し:『牛若丸、鞍馬山修行の場』

大屋根・小屋根共、獣の題材統一かと思いきや、大屋根桁隠しだけ人物の題材です。

イメージ 7

小屋根
懸魚:『猿に鷲』
桁隠し:『猿』

車板

イメージ 8

上から
大屋根前方:『宝珠を掴む青龍』
車内:『朱雀』
小屋根『天乃岩戸』

大屋根前方の龍は細身の印象です。

妻側車板

イメージ 9

右面
大屋根:『青龍』
小屋根:『珠取り獅子』

イメージ 10

左面
大屋根:『宝珠を掴む青龍』
小屋根:『珠取り獅子』

木鼻・飛獅子

イメージ 11

木鼻:『阿吽の獅子・獏』
仕口隠し:『牡丹・力神』

脇障子の上に全身彫刻の獅子がいます。

脇障子

イメージ 12

脇障子:『楠公子別れ櫻井の駅』

『太平記』より、有名な場面です。

三枚板

イメージ 13

正面:『天乃岩戸』

小屋根車板と同じ題材になっており、三枚板は皆で賑やかにしているところです。

イメージ 14

右面:『素盞鳴命大蛇退治』

縁起のいい題材の正面とは異なり、左右の三枚板は退治モノになっています。

イメージ 15

左面:『天日矛悪鳥退治』

悪鳥退治はあまり見ない題材で、知っている限りでは、大阪市平野区の脊戸口町・堺市陶器地区の鴬谷にもこの題材があります。

角障子

イメージ 16

角障子:『昇龍・降龍』

持送り・前方土呂幕

イメージ 17

①前方:『鶴』
②右面:『千鳥』
③左面:『千鳥』
④前方土呂幕:『山水草木』 ※記事の容量の都合上、正面土呂幕をここでご紹介させて頂きます。

腹見地車には車板の下に持送りが付くのが特徴です。
前方土呂幕は改修時に新調されたものでしょうか?

勾欄合・縁葛

イメージ 18

上が前方、下が後方
勾欄合:『唐子二十四孝』
縁葛:『富士の巻狩り』

イメージ 19

上が右面、下が左面
勾欄合:『唐子二十四孝』
縁葛:『富士の巻狩り』

土呂幕

イメージ 20

後方:『富士の巻狩り』

イメージ 21

右面大屋根側:『武者』

太平記からでしょうか?

イメージ 22

右面小屋根側:『武者』

イメージ 23

左面大屋根側:『楠正成、天王寺へ出張の場』

『太平記』だとするとこの題材?

イメージ 24

左面小屋根側:『楠公忠臣 橋本八郎正員 湊川の勇戦』

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。