大阪市生野区御幸森天神宮 猪飼野地車

イメージ 1

※この記事は以前のYahoo!ブログ時代の記事をそのまま移行してきたものです。
画像サイズ等小さめですが、ご了承願います。

大阪市生野区御幸森天神宮 猪飼野地車

◆地域詳細
宮入:御幸森店神宮
小屋所在地:神社境内

◆地車詳細
形式:大阪型
製造年:1887年(明治20年)
大工:永田熊次郎
彫刻:彫清一門

姿見

イメージ 2

左が前方、右が後方

お隣小路村の地車大工、永田熊次郎が製作した地車。
永田熊次郎は勝五地車(現・都島区善源寺)、岸田堂地車(現・尼崎市西櫻木)等他にも多数の地車を製作しており、この近辺の地域はまさに大阪型だんじりのメッカでした。

イメージ 4

側面より

永田熊次郎作の地車は多数ありますが、擬宝珠が8つである点が猪飼野地車の特徴です。

イメージ 3

斜め前より

明治の地車ならではの堂々たる貫禄があります。

破風

イメージ 23

中央で二分割された、分厚く立派な破風・・・大変格好いいです。
桁隠しが取りつきますが、大きさは標準的です。

鬼板

イメージ 5

上から
大屋根前方:『獅子噛』
大屋根後方:『獅子噛』
小屋根:『獅子噛』
小屋根(夜間点灯時)

3面とも獅子噛になっています。
夜になると目が光る仕掛けが施されているのは今となっては猪飼野地車だけです。

懸魚・桁隠し

イメージ 6

大屋根前方
懸魚:『鳳凰』
桁隠し:『麒麟』

定番に獣の題材です。

イメージ 7

小屋根
拝懸魚:『鷲』
桁隠し:『獏』

小屋根の桁隠しは一見麒麟と思いきや獏です。珍しいですね。

車板・間仕切り

イメージ 8

上から
大屋根前方:『宝珠を掴む青龍』
間仕切り:『鶴』
小屋根:『龍虎』

車板は定番に青龍、小屋根の龍虎も贅沢で良い作品です。

平側車板

イメージ 9

右面
大屋根:『吽の龍』
小屋根:『牡丹に唐獅子』

イメージ 10

左面
大屋根:『阿の龍』
小屋根:『牡丹に唐獅子』

木鼻・飛獅子

イメージ 11

上が右面、下が左面
木鼻:『阿吽の唐獅子・獏・力神』
飛獅子

枡組はなく、柱が直接桁に繋がる構造。
木鼻の上に仕口隠しの力神が付属します。

脇障子

イメージ 12

脇障子:『昇龍・降龍』

非常に迫力ある作品です。

イメージ 13

木鼻:『唐獅子』

脇障子上部に接合部隠しの部材が取り付けられています。
こういった点からも大工のこだわり、この地車の豪華さが読み取れます。

見送り幕

イメージ 14

正面:『竹に虎』

ヒヒの血で染められたと云われています。
羅紗の生地に竹に虎の刺繍が施されています。

イメージ 15

右面:『竹に虎』

イメージ 16

左面:『竹に虎』

勾欄合・縁葛・腕木

イメージ 17

上が前方、下が後方
勾欄合:『牡丹に唐獅子』
縁葛:『十二支』 前方が寅、丑・子。後方が未、午。

イメージ 18

上が右面、下が左面
勾欄合:『牡丹に唐獅子』
縁葛:『十二支』 右面が巳、辰、卯。左面が亥、戌、酉・申。

土呂幕(幕式)

イメージ 19

土呂幕にはつるのはしの刺繍が施されています。
『つるのはし』は元の名を『猪甘津(いかいのつ)橋』と言い、渡来人がもたらした技術により作られたもので、史料上日本最古の橋となっています。

『日本書紀』で、仁徳天皇14年11月の条に「猪甘津(いかいのつ)に橋為(わた)す。即(すなわ)ち其の處(ところ)を號(なづ)けて小橋(をばし)と日う」と記載されており、この「猪甘津(いかいつ)の橋」というのがつるの橋ではないのか?と言われています。

そして、『猪甘津橋』が『つるのはし』と呼ばれるようになった理由は、昔このあたりに鶴がよく飛んできたことから由来しているそうです。
旧平野川にかけられたものなので正確な場所とは言い難いようですが、存在していたであろうとされる付近に現在は『つるのはし跡公園』(大阪市生野区桃谷3丁目22-2)があります。
記念碑の周りにある4本の石柱は、明治7年に石橋に改修された際の親柱を保存したものだそうです。

現在は公園なので道路脇にあるのですが、猪飼野地車がこの『つるのはし跡公園』の横を通る時には道中であるのにも関わらず、『橋』のお囃子に変えて通り過ぎるのがなんとも風情を感じます。

台木

イメージ 20

右面:『波濤に鯉』

台木はオリジナルではなく、後年交換されたものと思われます。

イメージ 21

左面:『波濤に鯉』

要所

イメージ 22

①勾欄親柱:『雲海に龍』 この独特な金具が永田熊次郎作の地車の特徴でもあります。
②箱棟:『七五の桐紋』
③破風端:黒の金具で、彫刻はなし。
④肩背棒先:『猪・飼・埜・村』と一文字ずつ書かれています。
⑤見送り幕内部 トコテンは幕式三枚板の内側にあり、叩き手は幕をめくって乗り降りします。
⑥車軸  頑丈な金属製軸受けが付いていました。
⑦懐 大阪型ならではのもの。

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。