柏原市黒田神社 上市地車

イメージ 1

※この記事は生野神社地車時代に作成した記事を修正したものです。
画像等は生野神社時代のままとなっておりますことをご了承願います。

柏原市黒田神社 上市地車

◆地域詳細
宮入:黒田神社

◆地車詳細
形式:擬宝珠勾欄堺型
製造年:明治初期
大工:木村源平
彫刻:彫又・服部一門
歴史:河内長野市小山田→河内長野市原→河内長野市滝畑→八尾の太鼓業者→生野神社地車

生野神社地車として迎え入れられる際、平成21年に河合工務店にて大きく改修を受けており、鬼板・木鼻の一部に深江新家地車の部品が使われている。

姿見

イメージ 2

堺型らしく背が高く、箱型の姿見。
堺型の通例通り、足回りの柱が8本になっています。

鬼板

イメージ 10

上から
大屋根前方:『獅子噛』
大屋根後方:『獅子噛』
小屋根:『獅子噛』
小屋根提灯持ち:『唐獅子』

大屋根前方と小屋根が深江新家地車のものにあたります。
提灯持ちはオリジナルでは存在していなかったと思われます。飛獅子かどこかのパーツを移植してきたか。

懸魚

イメージ 11

上から
大屋根前方:『飛龍』
大屋根後方:『鷲』
小屋根:『飛龍』

彫又らしく薄い部材ながらも獣の荒々しさを見事に表現している作品です。

枡合・間仕切り

イメージ 13

上から
大屋根前方
車板:『鶴』
枡合:『陳楠』

車内枡合:『牡丹』
間仕切り:『鶴』

小屋根
車板:『鳳凰』
枡合:『?』

枡合はどちらも提灯に遮られ、よく見えず。
平側の題材から推察するに仙人の題材ではありそうです。

枡合・虹梁

イメージ 14

上から順
大屋根右面:『董奉』
小屋根右面:『?』
大屋根左面:『馬師皇』
小屋根左面:『張果老』

枡合はどれも仙人系で統一。
小屋根右面は私の撮影方法が悪いため、題材分からず。

木鼻

イメージ 12

上が右面、下が左面
木鼻:『阿吽の唐獅子』

阿吽が順番になっていませんが、昔の地車ではよくあること。
オリジナルでは摺出鼻を取り付けていた部分を大阪型仕様とするため撤去し、代わりに深江新家地車のものか?木鼻が取り付けられています。

脇障子・角障子

イメージ 15

脇障子:『武者』
角障子:『谷越獅子』

三枚板

イメージ 16

正面:『天竺の班足王』

編み込みのため、真正面からは撮れず。
題材は合っていると思います。

イメージ 3

右面:『武松虎退治』

イメージ 4

左面:『大巳貴命の鷲退治』

出人形型等でもお馴染みの退治系の題材です。

勾欄合・下勾欄合

イメージ 5

勾欄合:『牡丹に唐獅子』
下勾欄合:『波濤』

貴重なオリジナルが残っています。

縁葛

イメージ 6

上から
前方:『武者』
後方:『武者』
右面:『武者』
左面: 『武者』

縁葛は全面を彫刻する仕様です。

土呂幕

イメージ 7

上が右面、下が左面
土呂幕:『武者』

土呂幕は上下分割ではなく、一枚モノの仕様です。
全て武者で統一されています。

要所1

イメージ 8

①オリジナルの獅子噛。太鼓蔵に飾られています。
②持送り:『松竹梅』
③・④持送り:『虎・千鳥』
⑤後方土呂幕:『加藤清正の虎退治 』枡合等仙人系の彫刻だったため、江戸時代の製作かと思っていましたが、どうやら明治時代の作品のようです。

要所2

イメージ 9

①枡組
②破風金具:『昇龍・雲海』
③破風端部金具:『雲海』
④折り畳み部 現在は稼働できなくなっていますが、名残があります。
⑤前方土呂幕:『?』 跳ね上げ式に改造されています。 閂の跡が残っています。
⑥車軸 ホイールベースが変更されています。車軸まわりの改造は原時代に行われたものか。

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。