大阪市東成区八王子神社御旅所 西今里地車

イメージ 1

※Yahoo!ブログからの移行記事のため、画像が小さいです。あらかじめご了承願います。

大阪市東成区八王子神社御旅所 西今里地車

◆地域詳細
宮入:八王子神社御旅所
住所:大阪市東成区大今里1丁目17-10
歴史:平安時代は『玉造江』、室町時代は『新開荘』という荘園の一部であった。その後、太閤検地によって『新開荘』が廃止され、大今里・東今里・西今里の3村に分かれる。
そして明治以降に再び南新開荘村としてまとめられ、旧村名は大字名として存続。大正5年(1916)1月に神路村に改称、大正14年(1925)年に大阪市東成区に編入される。

◆地車詳細
形式:大阪型 (神戸型改造)
製造年:明治~大正頃?
改修年①:昭和24年
改修年②:平成15年
大工:不明
彫刻:不明
改修②大工:地車製作 隆匠
改修②彫刻:近藤晃
歴史:?→神戸税関保税倉庫→西今里

◆歴代西今里地車
・先代(初代?):住吉型。天王寺の土建屋より購入し、現地車購入に伴い東大阪市柏田へ。現・東灘区西御影。
・現地車(2代目?):大正13年頃購入。元は中国・韓国の日本人町へ輸出予定だった地車だが、破談になり?神戸税関保税倉庫にて保存されていた。購入時には、村の数人が牛をつれて神戸へ出向き、玉津橋まで曳いて帰ってきた。

◆地車修理/内容
平成15年、隆匠にて平成の大改修。5月5日入魂式。
懸魚・車板・角障子・三枚板以外、躯体を全て新調。

参考)
歴代西今里地車、現地車について 社団法人大阪観光協会「大阪のだんじり」
歴代西今里地車、先代地車について 『山車だんじり悉皆調査』 http://www5a.biglobe.ne.jp/~iwanee/

姿見

イメージ 2

左が前方、右が後方

角ばった破風の影響もあってか、箱型の印象が強いです。

イメージ 3

側面より

バランスがよく、整った綺麗な姿見をしています。
元は神戸型だったとのことですが、その面影は今では全くありません。

鬼板

イメージ 4

上から
大屋根前方:『獅子噛』
大屋根後方:『獅子噛』
小屋根:『獅子噛』

三面とも獅子噛です。
近藤晃師の作品と思われます、長い歯と一本の角が大きな特徴です。

箱棟

イメージ 5

上が大屋根、下が小屋根
箱棟:『青龍』

箱棟にも彫刻が施されていました。

懸魚・桁隠し

イメージ 6

大屋根前方
懸魚:『鳳凰』
桁隠し:『麒麟』

桁隠しがつきます。
改修の彫りですが、題材は古風に獣で統一されています。

イメージ 7

小屋根
懸魚:『猿に鷲』
桁隠し:『猿』

描かれている目の影響が大きいでしょうが、ひょっとこのような猿の表情は印象的です。

車板・車内枡合

イメージ 8

上から
大屋根前方:『宝珠を掴む青龍』
車内:『鳳凰』
小屋根:『雌雄獅子』

車板は貴重なオリジナルが残っています。
正面の龍は独特のオーラで、胴体表面がとても滑らかな仕上がりになっています。

枡合・虹梁

イメージ 9

右面
大屋根:『青龍』
小屋根:『牡丹に唐獅子』

虹梁の下に持送りがつくのが特徴で、改修前の意匠を引き継いでいます。

イメージ 10

左面
大屋根:『青龍』
小屋根:『牡丹に唐獅子』

木鼻

イメージ 11

上が右面、下が左面
木鼻:『唐獅子・力神』

大阪型ではよく見られる題材です。
この地車は改修で枡組を追加しているので、通常であれば仕口隠しの力神がつくことはありませんが、名残で彫刻されています。

脇障子・木鼻

イメージ 12

左2つが右面、右2つが左面
外側2つが上側、内側2つが下側

脇障子:『風神・雷神』

脇障子には兜桁等はつかず、上部に木鼻・力神が二段取り付けられています。

三枚板

イメージ 13

正面:『義経八艘飛び』

正面にさらしが編んであるので、斜めからの撮影です。

イメージ 14

右面:『加藤清正の雄姿』

槍が雑兵の腰に完全に刺さっています、これは痛そうです。

イメージ 15

左面:『薄田隼人の勇戦』

角障子

イメージ 16

角障子:『昇龍・降龍』

大改修前は角障子が無かったので、元々脇障子にあったものと思われます。

勾欄合・縁葛

イメージ 17

上が前方、下が後方
勾欄合:『干支・波濤』
縁葛:『富士の巻狩』

イメージ 18

上が右面、下が左面
勾欄合:『干支・波濤』
縁葛:『富士の巻狩』

左面に有名な仁田四郎義貞猪退治の場面が彫刻されています。

土呂幕

イメージ 19

上が前方、下が後方
土呂幕:『牡丹に唐獅子』

土呂幕は唐獅子で統一されています。
正面は跳ね上げ式になっています。

イメージ 20

右面
上が大屋根側、下が小屋根側
土呂幕:『牡丹に唐獅子』

イメージ 21

左面
上が大屋根側、下が小屋根側
土呂幕:『牡丹に唐獅子』

台木

イメージ 22

上が右面、下が左面
台木:『波濤』

羽衣がなびくような表現が特徴的。
車軸の上には左三つ巴紋も彫刻されています。

要所・金具

イメージ 23

①破風端部: 垂木には『西』の文字
②枡組:大改修で屋根の支持方式が変わりました。組み物にも彫刻が施されています。
③勾欄金具:『牡丹』 白地なのが特徴。
④肩背棒先:『左三つ巴紋』
⑤発電機:土呂幕に格納していました。
⑥芯金:台木に左三つ巴紋。
⑦引き綱環:『左三つ巴紋』
⑧後ろ妻台

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。